【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜友人の感想。

 

※安曇野&穂高(あずみの&ほたか)は、長野県。

松本駅から、電車で約30分のところにある日本の原風景が残る町です。

 

こんにちは。

 

より自分らしく、さらに楽しい人生をおくる仲間をふやす

スピリチュアルヒーラーのひろかです^^

 

 

今日は、今滞在の安曇野ラストデー。

快晴です。

 

10月の「安曇野の旅型ワークショップ〜「本当のわたし」に出合う旅」のなかで、

自分のこころを調和していくワークをする場所、

ご飯やカフェ、温泉など、いろんなところを下見して、行程をほぼほぼ決定できました!

 

今回は、ヒーリングスクールに関わってくださったみなさんからの優先募集としたので、

参加は、残り1〜2名様となっています。

 

こちらでの募集は、来週となりますので、

いましばらく、お待ちくださいね^^

 

 

ワークショップでも使わせてもらう素敵なギャラリーカフェに行ったところ、

隣り合わせた方が、

 

「ここは、別格よね。今年でなくなってしまうのが、おしい」と言われていました。

 

このカフェに身を置きたいために、

安曇野へ今年、あと何回行こうかと思うほど、

本当に素晴らしい空間です。

 

ここに身をおいて、

景色を眺めながら自分のこころを感じていると、

いろんなことを思います。

 

「私は、これからどんな風な人生を送りたいのかな」。

 

こころで感じることと、

現実での行動。

 

この二つに思いをめぐらせながら、

このカフェで気づいたり、新たな行動を起こそうと決めたことは数知れず。

 

いつかは、私がこういう空間を作りたい。

そう思わせてくれる場所。

 

こうやって身を置く場所を変えて、

自分のこころや人生を見つめて思うのは、

場所のチカラ。

 

そして、出会う人のチカラ。

 

安曇野連載エピローグの前に、1本。

 

安曇野で一緒にワークをしてくれた友人が、

感想を書いてくれていました。

 

とても素敵だったので、シェアします。

 

自分のこころの中を見つめてみること。

 

誰かとなら、勇気がでる。

優しい解放も起きる。

 

誰かが寄り添ってくれること。

 

必要な方に、届きますように。

 

 

『心の中を覗いてみると・・・』

 

今回、長野で中期滞在をしている友人のもとに
一緒にワークをするために急きょ、行ってきました。

 

自然を感じながら
ゆっくり歩きながら
時には座りながら色々とお喋り。

 

自分の中のこだわり。
思考癖。

 

そんなことを見つけては
「あ、まだ、そこにあったね」とさようならして(笑)

 

 

綺麗なせせらぎで水の音と
林の中の鳥の声に癒されながら

 

通常では変化を恐れて隠してしまう
本心の部分に向き合いながら
じっくりワーク。

 

 

一つ、面白いものがありました。

 

何となく、
クリアできない課題の原因を探していたら
心の中に黒いビー玉のような塊を見つけました。

 

なんとなく触りたくない感じだけれど
両手で触ってみると
もろもろと周りの汚れが落ちていく。

 

そして、現れたのは、ピンク色の玉。

 

その薄い皮がパンっとはじけて、、、
中から出てきたのは「閉じ込めていた思い」でした。

 

自分が傷つくのが怖くて、伝えられなかった気持ち。

 

本当はね、こういいたかったんだよね・・・
 

そんな思いを
伝えられなかった分だけ、小さな塊にして
心にしまっていった。

 

その思いの玉を
心の隅に置いたままで
ずっと忘れていたようです。

 

その玉がはじけた瞬間、
体がとてもリラックスして
心があたたかくなりました。

 

そして、、、自然に涙が一筋流れました。

 

 

「なんかあったよ〜」と友人に伝えると
「わ、すごいスッキリしてる」と言われて。

 

ずっとずっとそこにあった
自分でも忘れていた思いを
見つけ出すことができて
また一歩が踏み出せそうです(^^)

 

 

そういうのって、
本当に誰にでもあるんですよね。

 

そして、クリアするまで
ずっとそこに動かずあったりします。

 

なんとなく動けないときは
そんな思いが原因だったりすることもあるし、
気づいていても、忘れられないことも
行動を邪魔したりしています。

 

原因は深いことも、
簡単なこともある。

 

まずは心をのぞいてみると
最初の変化を起こせる。

 

そんなことを改めて実感した
優しい時間になりました。

 

 

これって、誰かと一緒にやる意味も大きい。

 

なぜなら、人は一人でやるべき部分もあれば
人は一人ではできないこともあるから。

 

素敵な友人に沢山沢山感謝です。

 

 

 

 

 

私も、友人と一緒だったから、

気づくこと、見つめることができたことが、

たくさんありました。

 

ひょんなことから、

一緒に旅しながらワークする流れになったけれど、

本当に本当に感謝です。

 

 

一緒にみた「空」も、

宇宙からのギフトのようでした。

 

ゆだねていると、

必要なことが起こる。

 

そんなことを感じた、

不思議な数日間。

 

10月の安曇野の旅型ワークショップでは、

どんなギフトがやってくるのか、楽しみです。

 

それでは、みなさんも今日も素敵な一日をお過ごしくださいね。

 

 

→【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜エピローグにつづく。

 

 

***

 

安曇野に「調和」のエネルギーを感じて、

「自分の中を調和させたり、融合したい人」へ。

 

10月、安曇野で旅型ワークショップを開きます♪

 

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


 きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら 

 

<アトリエルッコラ最新情報>

 

◆10月の安曇野の旅型ワークショップ◆

 

一緒に長野に行こう♪

 

〜森や空気や光を感じて、こころもからだもリラックス〜

ひろかと行く☆安曇野・穂高の自然のなかで「本当のわたし」と出会う旅☆

 

紅葉がはじまる

2016年10月8日(土)〜9日(日) 

もしくは、10月7日(金)〜10月9日(日)の2泊3日

 

※上記、どちらかをお選びください♪

 

「ありのままでいいんだよ」という、
ゆる〜いエネルギーがあふれる安曇野で、
森を散策したり、丘からのんびり眺めてくつろいだり、
自然のなかをドライブしながらおしゃべりしたり。

 

からだをほぐす動く瞑想・自力整体、

自分の気持ちに気づいていくシェアリング、

いまのあなたへのメッセージを受け取るカードリーディングなど、

 

「本当のわたし」と出合う旅型ワークショップ。

 

今回は、ヒーリングスクール生から先行募集しますので、
募集開始まで、いましばらくお待ちくださいね☆

 

キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ


「からだ」・「思考」・「感情」・「魂」の4つのアプローチで
こころから楽しい人生を創造する『体験型ヒーリングスクール』(8ヶ月間)

ご案内は、こちら。
http://atoruco.com/school2016/

 

確実にあなたの人生に良き変化が起き始め、
人生が開けていきます。


パートナーも、やりたいことも、健康も、手に入れて
自然体で愛されながら 自分を表現していきたいあなたへ

 

2016年7月スタート、第5期が始まりました!

 

東京土曜

東京木曜

さいたま日曜

京都日曜クラス

合わせて、15名の方と今期はご一緒することになりました^^

 


(ひろかより開催への思い〜サイトより一部抜粋)

「楽しく生きたい」
「喜びいっぱいに自分の才能を活かして生きたい」
「幸せなパートナーとの生活を送りたい」など、
あなたの未来の望みを叶えるために、

それを歯止めている「こころの課題」を明確にし、
確かな技術によって解放していきます。

さらに、あなた自身が、現実を創り出している仕組みを理解し、
的確な「やり方」を自分自身で実践できるようになると、
未来は、どんどん良い方向へ展開していきます。


同じ志を持つ仲間と一緒に、
人生で起こる変化や自分の思いの分かち合いを通して、
自分への信頼や自信を築いてもらうことを最も大切にしています。

自分が自分の人生を創り出している感覚を得、
大好きな自分になり、
さらに楽しい人生へ日々、向かっていく感覚が生まれるとしたら、
生きていることはどんなに感動的なことでしょう。

魂の喜びを共有し、
ともに生きる仲間の活動を全力で応援する、
そんな思いで開催します!

 

 


キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ

自然体で愛されながら自分を表現していきたい方へ
「自分軸」を発見し、豊かな人生を築いていく
ワークショップ、スクール、セッションあります。
こころが自由になっていく魂の旅が、始まります。



◆捉え方、感じ方を変えたい人へ
魂レベルでこころが変わる
スピリチュアルセラピー(個人対面セッション)

ワンダー☆セッション
詳細:http://atoruco.com/therapy1


こころとからだアトリエルッコラへの
問い合わせやお申し込みはこちらから!
http://atoruco.com/contact


※もともとは、ヒプノセラピストとして活動を開始しましたが、
いまは、さらに効果が高いと私自身が体感している「光の言葉セラピー」や
最強のヒーリング「シナジーコンディショニング」をベースに、
学んできた各種エネルギーワークを合わせて、
スピリチュアルセラピーをおこなっています。

自分のこころが変わると、相手が変わり、
現実が変わっていく世界を体験したい方は、
ぜひ最低3回連続で、スピリチュアルセラピーを受けてみてくださいね☆


 きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら  きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら 

    

ブログで配信していないこと、

私が学んだ最新の情報も、書いております。↓ ↓ ↓

 


こころとからだアトリエルッコラ メルマガ配信中!
自然体で、愛されながら、自分を表現していきたい方へ贈る
メールレター【ひろか便り】


こちらのブログで更新している毎週月曜日のカードリーディングを、
一日早く毎週日曜日の朝にお届けします♪

お得な割引情報先行予約情報などもお送りします!
ときどき、プレゼント企画もありま〜す☆

登録は、こちら。
https://24auto.biz/atoruco-mail/registp.php?pid=2

※配信解除や再登録も簡単ですので、お試しはお気軽に(^^)
 

 

 

 

 


 


 

 

 

 


 


 


 

 

【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜その7.ま、いっか。なるようになっていく。

※安曇野&穂高は、長野県。松本駅から、電車で約30分のところにある日本の原風景が残る町です。

 

こんにちは。

 

より自分らしく、さらに楽しい人生をおくる仲間をふやす

スピリチュアルヒーラーのひろかです^^

 

楽しみにしているよと声を掛けてもらいながらも、

安曇野連載、ちょっぴり時間が空いてしまいました。

 

その7とエピローグ、最後まで書ききりますね!

 

その前に、ちょっぴり近況報告をば。

 

前回&今回の安曇野滞在では、

東京から来た友達を案内しました。

 

10月に開催が決定した、

「安曇野の旅型ワークショップ〜本当のわたしに出合う旅」の構想を練りながら

ワークをできる森や丘、素敵なカフェや美味しいレストラン、地元の温泉など、

いろんな可能性を探りながら、友達でシュミレーションさせてもらいました。

 

2回とも、まったく違う旅。

 

1回目は、「旅行」と思ってきた友達。

2回目は、「旅しながら、こころを解放して、自然のなかで解消ワークするぞ!」と思ってきた友達。

 

相反する関係だったので、

まったく異なる旅を味わえて、とても面白い体験ができました。

 

案内する場所ごと、

二人とも大喜び。

 

特に、今年12月には閉店してしまうカフェは、

「人生史上最高!」とも評価をもらい、

自分の家ではないのに、嬉しくなったりしました(笑)

 

私は、よく誰かの好きなものを、

「素敵だね〜、いいね〜、私もその感性が好き☆」と、共感しながら好きになることが多いのですが、

誰かに自分が好きなものを「好き、いいね」と共感してもらうことって、

こんなに嬉しいのだなと実感しています。

 

そんなこんなで、安曇野で開催する楽しさや効力を再確認したり、

注意点や反省点を発見したり、

とてもありがたい旅でした。

 

 

今日は、お天気もまずまずなので、

ペンションの解放的なリビング空間で、

お仕事ををさせてもらっています♪

 

ペンションのおばさんは、

プレゼントした私の描いたパステル画を飾ってくださっていて、

次回滞在の際には、画材も購入してやってみる!という話にもなりました。

 

もともと、直感で選んだ宿でしたが、

縁とは不思議なものだなぁと思う今日このごろです。

 

バリアフリーにもなっているので、

いずれ、車いすの母も妹家族と一緒に連れてきたいなぁと思っています☆

 

 

それでは、【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜その7.ま、いっか。なるようになってゆく。

を、お楽しみください♪

 

 

***

 

「いろんな場所へ行ったけれど、

安曇野は、とっても不思議なところだね。

 

自分のなかに溜まっていたものを、

全部、流してくれるような気がする」

 

「旅行感覚」でやってきた友人は、

はじめて訪れた安曇野をそう称していました。

 

日本や世界を飛び回る仕事をしている彼女も、

この場所を気に入るとは、嬉しい限りです。

 

 

もうひとり案内した友人は、

 

「自然と調和するってこういうことだよと、

安曇野の自然は教えてくれている気がする。

 

日常に戻っても、

この“調和する”感覚を思い出すことで、

人生が豊かになっていく気がする」

 

と、話しながら帰っていきました。

 

 

そして、二人ともが、

「なぜ、ひろかちゃんがこのペンションに滞在しているか理解できた」

と言います。

 

「オーナーさんご夫婦が、本当に、普通で素敵」。

口をそろえていいます。

 

 

オーナーさんは、昔ながらの日本人。

こちらがずっと地元の方々で、

普通の暮らしをされているペンションのおじさん&おばさんの感性が、

とっても心地よいのです。

 

 

「介護をしていたときもね、

自然を見ていると、ふっと思うんだよね。

 

ま、いっか。

 

なるようになっていくさってね」と、

 

実体験から、さらりと話をしてくださるおばさん。

 

杏の季節には、もぎたての実であんずジャムを作って、

秋になれば栗の実で渋皮煮。

 

季節の野菜や果物を活かして生活を彩りながらも、

土地の建ぺい率や安曇野の住宅規制の話やらも飛び出して、

現実的でしっかりされている。

 

車を運転していたら、道路を渡るヘビに出合ったときには、びっくりしたよと、

ひゃあ!と両足を上げながらお話してくださる様は、

私の大好きだった「スプーンおばさん」のイメージ。

 

 

森の平原にすむおばあちゃん。

ちょっとしたなにかで、小さくなってしまう「スプーンおばさん」。

 

日常のなかでの楽しいハプニング。

 

素敵な仲間たちと、

日々起こることに、喜んだり悲しんだり。

 

そういう何気ない日常を描かれた漫画&アニメだったと記憶していますが、

私が初めて買った漫画、大好きなお話でした。

 

 

いろんな辛いこともあって、

ずっと、前へ前へと気持ちを向けて進んできた人生だったけれど、

ここへきて、改めて、「いま、ここの豊かさ」を静かに味わう大切さを感じています。

 

 

 

 

 

自然の中に身をおいていると、

生命は、循環していることを肌で感じます。

 

花も木も、

無理やり芽を出すことはしない。

 

その時期が来たら、芽吹き、

その季節が来たら、紅葉して葉を落とす。

 

その様子を見て、感じたとき、

いかに自分が、ものごとを力ずくでなんとかしようとしているかにも気づかされます。

 

焦りや不安、おそれ。

 

こうなってほしい、こうしたいという未来へのコントロールや執着。

 

どれだけ自分が、流れに逆らおうと必死なのかにも気づかされます。

 

 

森の中にたたずんで、

最初は異物だった自分が、

自然のエネルギーに調和しはじめると・・・

 

「ま、いっか。

 

なるようになっていくさ。

 

いま、できることを、できるぶん、しよう。

 

いまあるものに感謝して、いまを過ごそう。

 

自分のペースで人生を歩んでいこう」。

 

そんな風に思えてきます。

 

そう自然と思えたとき、

人生に、また新たな扉が開かれてゆくのだろうと感じます。

 

 

そんなとき、思い出す絵本があります。

 

スタッフとしても関わるアトリエルピナスで生み出された、

「ひとつのたね」。

 

「ひとつのたねが、地におちて・・・」

 

から始まるこの絵本には、

生命の循環するさまが描かれています。

 

変わらないものなど、この世には何ひとつなく、

 

芽がでたときも、

すくすく育つときも、

枯れゆくときも、

大地のなかで待つときも、

どの時期も、大切な時期。

 

そのことを感じさせてくれる絵本。

 

 

安曇野の自然のなかで、

そのことを思い出しながら、

自分のこころの中や人生に起こるシフトチェンジを静かに感じています。

 

 

20回近く開催してきた「戸隠」での旅型ワークショップが、

現状を打破するイメージなら、

 

「安曇野」の旅型ワークショップは、「調和と融合」のイメージ。

 

どちらも、「本来の自分に戻る旅」なのだけれど、

そのアプローチは真逆のように感じています。

 

自然のなかで、静かに「わたし」を感じ、

自然と「かたくなさ」を融かしていける場所。

 

安曇野に流れるエネルギーを、

私はそんな風に感じています。

 

その土地にどんなエネルギーを感じるかは、十人十色。

 

あなた住む場所、ご縁あって訪れる場所、

その土地のエネルギーを自分なりに感じてみると、

旅の楽しさも広がるのかなと思います。

 

 

そして、やっぱり、観光目的でない旅をして思うのは、

「ま、いっか。なるようになるさ」の精神がとても大切ということ。

 

雨でも、晴れでも、曇りでも、

そのまま受け止めて、あるように楽しむこころがけ。

 

お店が休みでも、道に迷っても、

笑える明るさ。

 

人生を豊かに送る大切な要素を、

旅はいつも教えてくれているように思うのです。

 

 

あなたは、どんな旅が好きですか?

どんな人生の旅を送りますか?

 

どんな答えが返ってきたでしょうか。

 

どうぞ、どうぞ、どんな道であったとしても、楽しむことができますように。

 

 

→【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜エピローグにつづく。

 

 

***

 

安曇野に「調和」のエネルギーを感じて、

「自分の中を調和させたり、融合したい人」へ。

 

10月、安曇野で旅型ワークショップを開きます♪

 

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


 きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら 

 

<アトリエルッコラ最新情報>

 

◆10月の安曇野の旅型ワークショップ◆

 

一緒に長野に行こう♪

 

〜森や空気や光を感じて、こころもからだもリラックス〜

ひろかと行く☆安曇野・穂高の自然のなかで「本当のわたし」と出会う旅☆

 

紅葉がはじまる

2016年10月8日(土)〜9日(日) 

もしくは、10月7日(金)〜10月9日(日)の2泊3日

 

※上記、どちらかをお選びください♪

 

「ありのままでいいんだよ」という、
ゆる〜いエネルギーがあふれる安曇野で、
森を散策したり、丘からのんびり眺めてくつろいだり、
自然のなかをドライブしながらおしゃべりしたり。

 

からだをほぐす動く瞑想・自力整体、

自分の気持ちに気づいていくシェアリング、

いまのあなたへのメッセージを受け取るカードリーディングなど、

 

「本当のわたし」と出合う旅型ワークショップ。

 

今回は、ヒーリングスクール生から先行募集しますので、
募集開始まで、いましばらくお待ちくださいね☆

 

キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ


「からだ」・「思考」・「感情」・「魂」の4つのアプローチで
こころから楽しい人生を創造する『体験型ヒーリングスクール』(8ヶ月間)

ご案内は、こちら。
http://atoruco.com/school2016/

 

確実にあなたの人生に良き変化が起き始め、
人生が開けていきます。


パートナーも、やりたいことも、健康も、手に入れて
自然体で愛されながら 自分を表現していきたいあなたへ

 

2016年7月スタート、第5期が始まりました!

 

東京土曜

東京木曜

さいたま日曜

京都日曜クラス

合わせて、15名の方と今期はご一緒することになりました^^

 


(ひろかより開催への思い〜サイトより一部抜粋)

「楽しく生きたい」
「喜びいっぱいに自分の才能を活かして生きたい」
「幸せなパートナーとの生活を送りたい」など、
あなたの未来の望みを叶えるために、

それを歯止めている「こころの課題」を明確にし、
確かな技術によって解放していきます。

さらに、あなた自身が、現実を創り出している仕組みを理解し、
的確な「やり方」を自分自身で実践できるようになると、
未来は、どんどん良い方向へ展開していきます。


同じ志を持つ仲間と一緒に、
人生で起こる変化や自分の思いの分かち合いを通して、
自分への信頼や自信を築いてもらうことを最も大切にしています。

自分が自分の人生を創り出している感覚を得、
大好きな自分になり、
さらに楽しい人生へ日々、向かっていく感覚が生まれるとしたら、
生きていることはどんなに感動的なことでしょう。

魂の喜びを共有し、
ともに生きる仲間の活動を全力で応援する、
そんな思いで開催します!

 

 


キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ キラキラ

自然体で愛されながら自分を表現していきたい方へ
「自分軸」を発見し、豊かな人生を築いていく
ワークショップ、スクール、セッションあります。
こころが自由になっていく魂の旅が、始まります。



◆捉え方、感じ方を変えたい人へ
魂レベルでこころが変わる
スピリチュアルセラピー(個人対面セッション)

ワンダー☆セッション
詳細:http://atoruco.com/therapy1


こころとからだアトリエルッコラへの
問い合わせやお申し込みはこちらから!
http://atoruco.com/contact


※もともとは、ヒプノセラピストとして活動を開始しましたが、
いまは、さらに効果が高いと私自身が体感している「光の言葉セラピー」や
最強のヒーリング「シナジーコンディショニング」をベースに、
学んできた各種エネルギーワークを合わせて、
スピリチュアルセラピーをおこなっています。

自分のこころが変わると、相手が変わり、
現実が変わっていく世界を体験したい方は、
ぜひ最低3回連続で、スピリチュアルセラピーを受けてみてくださいね☆


 きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら  きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら きらきら 

    

ブログで配信していないこと、

私が学んだ最新の情報も、書いております。↓ ↓ ↓

 


こころとからだアトリエルッコラ メルマガ配信中!
自然体で、愛されながら、自分を表現していきたい方へ贈る
メールレター【ひろか便り】


こちらのブログで更新している毎週月曜日のカードリーディングを、
一日早く毎週日曜日の朝にお届けします♪

お得な割引情報先行予約情報などもお送りします!
ときどき、プレゼント企画もありま〜す☆

登録は、こちら。
https://24auto.biz/atoruco-mail/registp.php?pid=2

※配信解除や再登録も簡単ですので、お試しはお気軽に(^^)
 

 

 

 

 

 

【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜その6.感性が花開くとき。

※安曇野&穂高は、長野県。松本駅から、電車で約30分のところにある日本の原風景が残る町です。

 

こんにちは。

 

より自分らしく、さらに楽しい人生をつくる仲間をふやす

スピリチュアルヒーラーのひろかです^^

 

 

***

 

「ひろかっちが、住みたい場所の話や未来について、

こんなにわくわくしながら話しているの、はじめてだね^^」

 

こころのドアを開く旅。DOORSドアーズの活動をともにする、

ゆうこりんが、私が安曇野&穂高から戻って、

楽しそうに話をしているのを聞きながらそう言いました。

 

 

そういえば、ゆうこりんと私が一緒にいるときは、

たいがい私が、ゆうこりんの妄想話、もとい未来構想話を聞いています(笑)

 

ゆうこりんのすごいところは、

その未来構想話が、数か月後や数年後には、

現実になっているということ。

 

棚ぼた的に現実になったというのではなく、

自分のできる行動をとった結果、

傍からみたら、「そんな展開あるんだ!!」と、

私も驚くようなことを引き寄せるという感じ。

 

その叶え方を観察していると、

実は、これは、ビジネスの大切なメソッドに、

そのまま当てはまっているのです。

 

1.夢を思い描き、語り(夢想家)

2.それを現実的に考え(現実化)

3.実現するにあたっての難点を話す(批評家)

 

そして、また夢を語る・・・

 

この三者の視点をうまくジャグリングさせることが、

ものごとを創り上げていくときに大切とされているのですが、

そのバランスがうまいのだろうなと思います。

 

 

 

 

さて、余談はさておき、

安曇野&穂高に通ってから、

私は、本当にたくさんの「こころの負荷」を手放すことになったのです。

 

その中のひとつは、

「家を継ぐこと」に象徴される「家系の課題」でした。

 

「親のめんどうを見なければならない」

「この土地を離れてはいけない」

「私が家系の責任を負わなければならない」などなど。

 

それは、無意識のなかにあったもので、

私が、いままで見つめて解消しているようで、

まだまだ根強く残っていたものでした。

 

安曇野の自然のなかで炙り出されたものを、

ヒーリングスクールでお伝えしているようなやり方で、自分でもクリアにしていきました。

 

先輩ヒーラーさんたちに、

お世話になったりもしました。

 

そうして、気持ちは、どんどん軽やかになっていきました。

 

少し前の私は、「将来、住みたい場所を語る」ことすら制限していました。

 

語ると実現するという気持ちは、可笑しなことに、

語ると「叶ってしまう」という恐怖ともリンクしていたのでした。

 

「自由に生きたい」と願いながら、

どこかで、「親や住む場所から自由になること」にストップをかけていることにも気づきました。

 

 

それが、20年以上前から大好きだった安曇野&穂高に、

何度も通ううち、

 

「一旦、こだわりを手放そう。

そして、手放したあとに湧いてくる気持ちを大切にしよう」

という具合に、とけていったのです。

 

正確にいえば、いまもなお、

とけている最中です。

 

 

夢を語る。

 

それは、本来、とても自由なことです。

 

未来は、白紙なのだから、

そのキャンパスには、どんな未来を描いてもよいのです。

 

それでも、私たちは、

生きて来たなかで身につけた常識や世間体、固定観念などにより、

知らず知らずのうちに、がんじがらめになっています。

 

そのがんじがらめになっている思考に気づくこともなしに、

毎日の生活を送っていたりします。

 

それを、ひとつずつ気づいて、

ニュートラルに未来を描ける状態に戻していくこと。

 

そんな作業をしてみると、

自由な発想やインスピレーションが湧いてきたりします。

 

 

安曇野&穂高の自然は、

自分の原点へ戻して大切なことを思い出させてくれるような、

そんなエネルギーに満ちています。

 

自分の感性が花開くとき、

そこには、同時に、新しい自分の未来が広がっていくように思うのです。

 

私も、やっといい意味で「いい加減」に、

未来を感じることをできはじめたのかもしれません。

 

そういえば、

 

約15年前、

「自分のこころで思っていることが、自分の体験する現実を創る」という世界観に出合ったときは、

この先の展開は素晴らしいものだと信頼しきって、未来のことなど考えませんでした。

 

ただただ、こころの中から出てくる「こころの負荷」を解消し、

その都度、やってくることに、「はい」か「イエス」を言い続けて、行動し続けました。

 

その結果が、喜びを感じる仕事につながりました。

 

10年前には、まったく考えもつかなかった仕事です。

 

 

最初に、「自分のこころで思っていることが、自分の体験する現実を創る」という世界観に出合ったときは、

衝撃を受けました。

 

同時に、あらゆるものから自由になったと感動もしました。

 

「自分のこころひとつ」で、未来はいかようにも変えることができる。

 

「なんて、素晴らしいんだろう!

もう、他人を変えようとする必要は一切ないんだ。

 

私が、変われば、他人も現実も変わるんだ。

それなら、私にもできる。

 

私が、そうすればいいんだから!」

 

すべての鍵は、私が握っている。

この感覚は、私のすべてを変えました。

 

 

そして、私が小学校のころ卒業文集に書いていた、

「世界中、日本中を飛び回って仕事をする」という夢は、

いつしか叶っていたのです。

 

やっぱり、言ったことは叶うのだ。

 

いま私は、また秘めていた夢を語り始めました。

 

その語ったことが、これから10年後、20年後、

どんな展開を生み出していくのかは未知。

 

「こころの負荷」がとけて、

感性が花開くとき、

人生も自然と開けていくのだと思います。

 

いかに、そのプロセスを信頼し、ゆだねられるか。

 

ゆだねることの心地よさや安心感を、

安曇野&穂高の自然から、教えられているように思います。

 

 

【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜その7.に続く・・・。

※その7とエピローグで終了予定。いましばらく、お付き合いくださいませ♪

 

 

そんな安曇野&穂高に、ひろかと一緒に行く旅。

 

↓ ↓ ↓

 

 

 


一緒に長野に行こう♪
〜森や空気や光を感じて、こころもからだもリラックス〜
ひろかと行く☆安曇野&穂高の自然のなかで「本当のわたし」と出会う旅☆


お知らせ詳細は、こちら。

お申込みは、こちら。
http://my.formman.com/form/pc/H7vpr6jCKZV0pNsR/

2016年9月3日(土)〜9月4日(日)
※5日(月)までの2泊3日コースもあります。
申し込み締め切り:8月26日(金)22時。
 
「ありのままでいいんだよ」という、
すべてを受け入れてくれるエネルギーがあふれる安曇野で、
森を散策したり、丘からのんびり眺めてくつろいだり、
自然のなかをドライブしながらおしゃべりしたり。

 
素敵なカフェに温泉、
優しい自然に身をゆだねて、
こころとからだをゆるめていきます。

 
森や丘では、からだをゆるめたり、瞑想したり、
五感を解放するプチワークや大好評のカードリーディングもおこなう予定。
そんな自分をいっぱい大切にする旅へ、出かけませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜その5.四季を感じる暮らし。

※安曇野&穂高は、長野県。松本駅から、電車で約30分のところにある日本の原風景が残る町です。

 

 

こんにちは。

 

より自分らしく、さらに楽しい人生をおくる仲間をふやす

スピリチュアルヒーラーのひろかです^^

 

***

 

「ちょうど、杏(あんず)を採ってきたから、

好きなだけ、食べていいよ」。

 

お世話になっているペンションのご夫婦から、

見せてもらった美味しそうなあんず。

 

 

 

 

ドライフルーツでは食べていましたが、

生のあんずを食べるのは、はじめてでした。

 

ほのかに甘酸っぱい。

採れたての瑞々しいあんず。

 

「はじめての体験」は、

どんな小さなことでも、わくわくします。

 

 

そして、もっともわくわくするのが、

ペンションのおばさんが楽しそうに語ってくれる、

自然のなかでの日々の暮らし。

 

「ここに住んでいると、

毎日、景色が違うんだよ。

 

ここから見えるあの木の葉っぱも、

昨日までは、青々としていたのに、

今日は、ほのかに色づいている、とかね。

 

昨日までは、見えなかったのに、

小さな小さな実ができた、とかね。

 

毎日、あきないよ」。

 

 

自然の織りなす日々の小さな小さな変化。

 

生活のなか、ほんの少しでも、その変化にこころを向けられたなら、

生きることは、どんなに豊かになるだろう。

 

 

先日は、こんなことも教えてくださいました。

 

「秋から冬にかけて、ここには、

‘‘三段紅葉‘‘という言葉がある。

 

雪をかぶった北アルプスの白。

その下に広がる赤や黄色の鮮やかな紅葉。

そして、まだ残っているふもとの緑」。

 

その様子を想像しただけで、

美しさにうっとり。

 

 

そういえば、

 

「9月は、

黄金色の稲穂と白いそばの花が、

一面に咲く光景に、ほんの少しの期間だけ出合えるよ」。

 

と言われていました。

 

長野で見る「そばの花」が一面に咲くさまは、

大好きな風景のひとつ。

 

人って、見慣れたものには安心する懐かしさを、

見慣れないものにも胸の高鳴りを感じられる生き物なのだなって思います。

 

そう思うと、

なんだって意識の持ちようで楽しめる世界に私たちは住んでいるのですね。

 

 

(2016年、8月下旬は、稲穂がたわわに実っていました)

 

 

そんなこんなで、おばさんの話を楽しそうに聞く私の姿を見てか、

口数すくないおじさんも、

毎回、ちょっとずつ私のツボにはまる素敵な場所を教えてくださいます。

 

その場所に車を走らせてみると、

まぁ!絶景!!

 

そして、教えてもらった場所を訪れたことを嬉しそうに話すと、

また、「次はね、ここに行ってみるといいよ」と、

次なる場所をウォークラリーのように教えてくださるのです。

 

 

いつも思いますが、

その土地を愛する人と話をするのは、

本当に楽しい。

 

旅は、いつ、誰と、どこに行くかで、

体験することも、感じることも、全く違う。

 

単純にその土地を訪れるだけでなく、

その土地の魅力を感じて暮らす人たちと交流できることも、

旅の楽しみのひとつだなぁと思うのです。

 

 

 

美しいものを美しいと感じる感性。

 

その感性は、自分だけのもの。

 

そういう感性に触れるとき、

自分のなかから、なにかが広がっていくような心地よさを覚えます。

 

「美しい」と思うものは、人それぞれ。

 

みんなちがうからこそ、

その感性が触れ合ったとき、

そこに喜びが生まれたりするのでしょうね。

 

 

そんなときいつも、

レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』を思い出すのです。

 

「子どもたちの世界は、

いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれています。

 

残念なことに、わたしたちの多くは大人になるまえに澄みきった洞察力や、

美しいもの、畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、あるときはまったく失ってしまいます。

 

もしもわたしが、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力をもっているとしたら、

世界中の子どもに、生涯消えることのない「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性」を

授けてほしいとたのむでしょう。

 

・・・(中略)

 

美しいものを美しいと感じる感覚、

新しいものや未知なるものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、

賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、

次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。

 

そのようにして見つけ出した知識は、しっかりと身につきます。」

 

――以上、『センス・オブ・ワンダー』より引用。
 

 

このことは、子どもたちだけはなく、

私たち大人にも当てはまると思っています。

 

私たちが、成長の過程でつけてきた、

自分にとっては苦しい思い込みや刷り込み、価値観をそぎ落としていったとき、

純粋な自分のわくわくした感覚が、よみがえってきます。

 

その「気持ちが湧く」感覚が、

私たちの人生をさらに楽しいほうへ導いてくれるでしょう。

 

感性は、いつからでも磨けます。

 

美しいものをただ美しいと感じる時間を増やすこと。

楽しいことを、ただ楽しいと感じる時間を体験すること。
 

 

そういうことができる旅も、

人生を豊かにする感性を磨くひとつだなと思うのです。

 

そして、そのしなやかな感性により、人生が開けていくと思うのです。

 

 

【安曇野&穂高に魅せられて〜その6.「感性が花開くとき」に続く・・・】

 

 

そんな安曇野&穂高に、ひろかと一緒に行く旅。

8月26日(金)22時が、お申込み締切です。

 

↓ ↓ ↓

 

 

 


一緒に長野に行こう♪
〜森や空気や光を感じて、こころもからだもリラックス〜
ひろかと行く☆安曇野&穂高の自然のなかで「本当のわたし」と出会う旅☆


お知らせ詳細は、こちら。

お申込みは、こちら。
http://my.formman.com/form/pc/H7vpr6jCKZV0pNsR/

2016年9月3日(土)〜9月4日(日)
※5日(月)までの2泊3日コースもあります。
申し込み締め切り:8月26日(金)22時。
 
「ありのままでいいんだよ」という、
すべてを受け入れてくれるエネルギーがあふれる安曇野で、
森を散策したり、丘からのんびり眺めてくつろいだり、
自然のなかをドライブしながらおしゃべりしたり。

 
素敵なカフェに温泉、
優しい自然に身をゆだねて、
こころとからだをゆるめていきます。

 
森や丘では、からだをゆるめたり、瞑想したり、
五感を解放するプチワークや大好評のカードリーディングもおこなう予定。
そんな自分をいっぱい大切にする旅へ、出かけませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜その4.「いま、ここ」をそのまま感じる。

※安曇野&穂高は、長野県。松本駅から、電車で約30分のところにある日本の原風景が残る町です。

 

 

こんにちは。

 

より自分らしく、さらに楽しい人生をおくる仲間をふやす

スピリチュアルヒーラーのひろかです^^

 

 

***

 

こうして、穂高養生園に2回泊まったあとは、

安曇野&穂高というエリアをもっと自由に広く感じてみたくなりました。

 

別の森や丘、公園にでかけたり、

素敵なカフェや美術館でくつろいだり、

移りゆく景色を眺めながらドライブしたり、

久しぶりに安曇野の町を自由に動き回りたくなったのです。

 

 

もともと安曇野は、

上京したてのころ、親友が連れてきてくれた場所。

 

何度も通った馴染みの場所。

 

友人とは、サイクリングばかりでしたが、

今度は、別の宿に泊まり、

レンタカーをして、感じる視点を変えてみたくなったのです。

 

 

 

思ったら、さっそく実行!

 

一日中でもいられるような雰囲気が漂うカフェで、

自然を眺めながら、何時間も「わたし」を感じたりもしました。

 

美術館の公園で、

北アルプスや山々を眺めながら、

「わたし」の中から溢れてくる声をすくいあげたりもしました。

 

私のこころは、まだまだつかれていました。

 

 

そんなときです。

 

山や川を眺めながら、

「あぁ、山が美しいなぁ」と思ったそのとき、

 

山が、「あなたもね」と語りかけてきたように感じました。

 

いままでの私なら、

「うふふ♪そうだよね」と感じるシーン。

 

 

ところが、そのときの私は、

「私は、ただ在るだけで、そんなに美しくない」と、

こころの奥底で感じるのをキャッチしました。

 

「存在そのものの否定」。

 

その感覚をキャッチした瞬間、

こころの中から、大きな痛みと悲しみがあらわになったのです。

 

15年前の苦しかった自分ならまだしも、

まさか今の自分に、

こんなにも大きな「自己否定感」が、まだ残っていたとは驚きです。

 

そこで、

自分を否定する感覚に伝えました。

 

「いままで、押し込めてきて、見ないフリして、ごめんね。

もう、出しても大丈夫だよ」と。

 

すると、かすかに感じた「大きな痛みと悲しみ」は、

待ってました!といわんばかりに、

激しく溢れ出してきました。

 

それでも、私は、もう抵抗はしませんでした。

 

「出てきてくれて、ありがとうね。

そんなにも、傷ついていたんだね。傷ついたと感じていたんだね。

 

ごめんね、ありがとう。愛しているよ」。

 

そう何度も、何度も、

出てきた私の無意識に伝えました。

 

 

 

目からは、大粒の涙が、

とめどなく溢れてきました。

 

自然のなかを歩きながら、

とにかく流し続けました。

 

 

これは、私をニュートラルに戻していく、

ひとつの方法です。

 

しばらくすると、気持ちが穏やかに戻っていきます。

 

今回のそれは、

とてもとても不思議な感覚でした。

 

生まれ変わったかのような感覚でもありました。

 

私が、そのままそこに存在する、

以上でも以下でもない感覚。

 

それは、いままで体験したことのない平穏でした。

 

 

さっきと同じように、山を眺めると、

「あぁ、美しいな」と思いました。

 

そして、それを受けて、

また山が言ったように感じました。

 

「あなたもね」。

 

今度は、「そうだね」と自然に思えました。

 

私もこの美しい自然の一部。

それだけなんだと思いました。

 

そういう感覚を取り戻すと、

いままで見ていた木々や花々の美しさが、

さらに際立って感じられました。

 

 

以前、

「あなたが、自分の抱く不安や恐れなどに大忙しなとき、

あなたは、この世界の美しさを本当の意味で体験してはいない」と、

何かの本で読んだことがありました。

 

正直、意味がよくわかりませんでした。

 

花を見て、何かを思い出し悲しんだり、哀愁を感じたりする、

そっちのほうが人間らしくて素晴らしいではないかとすら思っていました。

 

心象風景をその木々や花に映し出すことを、

私の美しい感受性とも思っていました。

 

もちろん、それも美しい感受性です。

 

私もいっぱいいっぱい体験してきました。

 

 

だからこそ、このとき、はじめて違う視点で、

木々や花々を見ていることに気づけたのです。

 

木を「木そのもの」として。

花を「花そのもの」として。

 

そのときに感じた美しさは、

筆舌に尽くしがたいものでした。

 

なんと、この世界は、美しいのだろう。

 

そして、その世界の一部が、「わたし」。

 

 

その「もの」を、そのまま見るという視点。

 

それは、「いま、ここ」をそのまま感じる感覚でもありました。

 

「もの」を通して、

いつも私は、「わたし」を感じる視点しかなかったことに、

そして、それは「我」にもつながっていたことに、

はっと気づいたのでした。

 

これが、ものごとを「そのままコントロールせずに見る」ということなのかしら。

 

そのことを、ほんの少しだけ、

体感できたように思っています。

 

この感覚が、これからどう動いてゆくのか、

どう根付いてゆくのか、とてもとても楽しみです。

 

 

安曇野&穂高の自然からは、

「そのまま」というエネルギーを感じるのです。

 

場所によって、エネルギーいわゆる雰囲気は、

まったく違います。

 

安曇野&穂高は、

とってもゆるくて優しくて、そのままでいいよといいながら、

自分の本当に大切なものに気づかせてくれるような、

そんな雰囲気のある土地柄だと感じています。

 

土地のエネルギーをもらってみる。

 

これも旅の大きな醍醐味のひとつ。

その土地にいったら、存分に感じてみたいことのひとつでもあります。

 

 

安曇野&穂高に通うことを通して気づいた数々の「気づき」によって、

私の人生がこれからどう変化していくのかは、本当にお楽しみ。

 

いまは、ただこのこころの平穏に感謝して過ごしています。

 

 

「いま、ここ」をそのまま感じるこころ。

あなたの「いま」は、どんな風に感じることができるでしょうか?

 

さてさて、私のこころの旅は、このへんにして、

 

次回は、角度を変えて、安曇野で出会ったペンションご夫婦の「四季を感じる暮らし」について、

書いてみたいと思います♪

 

 

【連載】安曇野&穂高に魅せられて〜その5.に続く・・・

 

 

↓ ↓ ↓

 


一緒に長野に行こう♪
〜森や空気や光を感じて、こころもからだもリラックス〜
ひろかと行く☆安曇野&穂高の自然のなかで「本当のわたし」と出会う旅☆


お知らせ詳細は、こちら。
お申込みは、こちら。
http://my.formman.com/form/pc/H7vpr6jCKZV0pNsR/

2016年9月3日(土)〜9月4日(日)
※5日(月)までの2泊3日コースもあります。
申し込み締め切り:8月26日(金)22時。
 
「ありのままでいいんだよ」という、
すべてを受け入れてくれるエネルギーがあふれる安曇野で、
森を散策したり、丘からのんびり眺めてくつろいだり、
自然のなかをドライブしながらおしゃべりしたり。

 
素敵なカフェに温泉、
優しい自然に身をゆだねて、
こころとからだをゆるめていきます。

 
森や丘では、からだをゆるめたり、瞑想したり、
五感を解放するプチワークや大好評のカードリーディングもおこなう予定。
そんな自分をいっぱい大切にする旅へ、出かけませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Archive

Selected Entry

Comment

  • 今週のカードリーディング10/17〜23☆スピリチュアルメッセージ☆
    ひろか
  • 今週のカードリーディング11/30〜12/6
    ひろか
  • 今週のカードリーディング10/17〜23☆スピリチュアルメッセージ☆
    めぐみん
  • 今週のカードリーディング11/30〜12/6
    N
  • うまくいかないとき、その原因は?
    ひろか
  • うまくいかないとき、その原因は?
    ちさと
  • 秋分は折り返し地点。「変化の時」なみなさまへ。
    ひろか
  • 秋分は折り返し地点。「変化の時」なみなさまへ。
    すすがすてら

Link

Search

Mobile

qrcode

Other